ブログ

オグリキャップ最後の競馬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1990年12月23日、オグリキャップが第35回有馬記念で優勝し引退。

第二次競馬ブーム期に高い人気を得ていたオグリキャップ。

「芦毛の怪物」と呼ばれていた。

1987年5月に笠松でデビューし、1988年1月に中央へ移籍。

クラッシックに登録していなかったので三冠競争に出走出来ず。

それでも重賞12勝(うちGI4勝)を記録した。

今日、第63回有馬記念の予想は残念な結果に終わりました。

伯母も記憶力が怪しくなっています。

テーブルの上に私宛の封筒があったといって渡してくれた。

しかし、伯母は自分が送った物の料金として届いたと思っている。

送り主も、私の義弟だと思い違いをしている。

さらに母が分からないのに介入してくるから厄介なことに…。

理解してもらうのに結構時間がかかった。

昼食の準備の時気づいたこと…。

多分、朝食用の味噌汁が二人分そのまま鍋に残っている。

炊飯器のご飯は炊いたままの状態になっている。

朝食に何を食べたのだろうと母に聞いたが、覚えていない。

昨日お風呂に入れると言っていた「ゆず」がそのまま残っている。

二人だけでの生活は限界がきているのかもしれない。

夕食の準備にいくと、母が冷蔵庫の中を探していた。

何を買ってきたか、何を作るのか忘れたと母が言う。

母は、毎日自分が夕食を作っていると思っている。

母が冷蔵庫から取り出した南瓜の煮付けを作って貰うことにした。

野菜を切る手伝いもしてもらい、夕食を用意してから帰宅。

勉強が僅かしか進まなかったので、終了は明日に延期です。

関連記事

  1. ラムサール条約採択日
  2. ビヤホールの日
  3. ドーハの悲劇
  4. W杯被災地釜石で初戦 復興を発信
  5. 「平成最後の日」の勘違い
  6. 重文(重要文化財)が国宝に
  7. 東京五輪マラソン日本代表
  8. ベン・ジョンソンの金メダル剥奪決定

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP