ブログ

ダーウィンの日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ダーウインの誕生日なのだそうです。

「種の起源」は50歳の時に出版された事になる。

進化論は、当時のキリスト教的世界観では、天動説に次ぐ大問題であったはずです。

今、専門家という人達がテレビ番組で解説する進化論でも、人間の視点からのものが多いように思います。

ダーウインの進化論の中心は突然変異の出現と自然淘汰です。

実際の生物の進化はそれだけでは説明ができませんが、

それまでの要不要論などよりは遺伝の仕組みからは現実的だったはず。

今、一般の人の多くは獲得形質は遺伝しない事は理解しても、

当然変異によって取得した新たな形質が遺伝して進化すると考えている様な気がする。

今日は、どこへも行かず家で過ごしました。

北海道のローカルテレビ番組にベッキーがでていて、

久しぶりに頑張っている姿を見ました。

人間として批判される行動をしたのかもしれません。

でも、売れている時はめいっぱい利用したのだから、自分の間違いを認め、

反省し、もう一度やり直そうとしているならもっと手助けがあってもいいだろう。

逆に、人倫に外れて人を傷つけながら、

テレビに出るしか仕事ができないという人間をテレビ業界は利用しているようだ。

儲かればいいという考えなのだろう。

罪を犯した人間でも、本当に反省するなら社会でやり直せるように助けてあげるべきだと思う。

どうも日本人は、人権というものの理解に疎いようです。

中国や北朝鮮という国がとる対応が悪いとしても、

その国の国民がすべて悪いと考えるのはどうなんだろう。

このように考えている日本人が多いと感じる。

日本人であるなら、憲法前文だけでも読んでみてほしい。

一日、勉強する環境が整っていましたが、思うように進みませんでした。

試験に合格するための勉強と知識を得るための勉強は違うことは分かったのですが、

最終的にはどちらの勉強も必要となるというのが結論でしょう。

資格試験は合格するのがゴールではありません。

資格をとれたことはスタートラインにたどり着けたということに過ぎない。

それからは、実務の経験と知識習得が必要となるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 「原爆の詩」を平和宣言に…
  2. 「デサントカップ」スラローム競技
  3. オレンジデー
  4. 和菓子の日
  5. 家康忌
  6. 高齢化率10%突破
  7. 将棋、棋聖戦第2局
  8. アポロ11号の月面着陸
PAGE TOP