ブログ

マリモ記念日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

1952年3月29日、阿寒湖のマリモが国の特別天然記念物に指定されたのだそうです。

阿寒湖は阿寒国立公園に含まれる、マリモやヒメマスが生息する北海道で5番目に大きい湖。

2005年11月にラムサール条約登録湿地となっている。

私が、小学三年の時、大阪から祖母の妹が祖母に会いに北海道の田舎町を訪れた。

ちょうどそのとき、私は猩紅熱という法定伝染病(当時)にかかってしまい隔離病棟に収用されてしまった。

このとき家族は、祖母の妹を連れて阿寒湖を旅行したようです。

手にしてはいけないと思われるが、マリモを持っている私の妹の写真を見たように思う。

その後、阿寒湖に旅行で行ったことはあるけど、マリモをみた記憶は無いです。

今日のお昼に、実家で昨日買った毛蟹をご馳走になった。

昨日、私の分として買おうとしていたのを止めさせるところまでは上手くいったのですが、
伯母の方が上手でした。

なるべく早く、私がご馳走してあげる立場にならないといけないですね。

夕方に、母が孫からの電話をうけて、事務所に相談に来た。

誕生祝いを送るの忘れてたと思っているらしい。

一昨日からの事をメモ帳に記録して、実家のホワイトボードに貼り付けてある。

それを含めて説明をしてあげたら、なんとなく思い出せた部分もあるようだった。

私にとっては全く同じ話題が、二人にとっては毎日新しい出来事になっている。

よい意味で、人生を何倍にも楽しむ方法とも思える。

ただ、よいとは言っていられないこともある。

母の状況が悪くなったときに、伯母はどうするのかとかいろいろ考えなければならない。

今までは、母と任意後見契約を結べば、見守り契約により二人を見ていくことができると考えていた。

でも、母が被後見人になってしまったとき伯母を見てあげる方法を考えていなかった。

人間の尊厳を確保しながら、人のためになるような手助けをするというのは、
思った以上に難しい事だと感じています。

超高齢社会である以上、若い世代の手助けが必要であることの理解を広めないとならない。

これは、政治の仕事の分野だと思うのですが…。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 首都ブラジリアの供用開始日
  2. 「おことば」
  3. 自民党二階幹事長が苦言
  4. 天安門事件
  5. 将棋、竜王戦第1局
  6. 囲碁、新人王戦予選
  7. 籠池被告夫妻、国会傍聴
  8. カレーライスの日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP