ブログ

ラグビー関東大学リーグ対抗戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

11月23日、ラグビーの関東大学リーグ対抗戦が、秩父宮ラグビー場で行われ、
早大が慶大を17―10で退けて6戦全勝とし、2季連続の優勝へ前進した。

慶大は2勝4敗となり大学選手権出場がきわめて厳しくなり、1998年度以
来続けてきた同選手権出場が21季連続でストップする可能性が高まった。

定期戦、対抗戦での両校の通算対戦成績は早大の69勝20敗7分けとなった。

対抗戦は勝敗数で争うため、24日の明大―帝京大で、5戦全勝の明大が敗れた場合、
早大は12月1日の最終戦を待たずに優勝が決まる。

第99回全国高校ラグビー大会は、兵庫など4地区で予選の決勝があり、
全国51代表が出そろい、シード校の決定は25日、組み合わせ抽選会は
12月7日、大阪市の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれるとのこと。

橋本聖子五輪担当相が、2030年札幌冬季五輪に向けて市民の機運を高めるために
札幌市内のホテルで開催されたイベントに出席し、2020年東京五輪のマラソンと
競歩が札幌で開催されることについて「メモリアル大会ができる。世界が注目する
聖地に変わる」と強調したそうですが、何を言っているのか分かりません。

マラソン・競歩の札幌開催については「全ての業界が連携強化を図ることで、
今までにない価値を生み出す産業構築につながる」と語ったというが、言っている事の
意味が分からないのは私だけなのだろうか。

今日は気温が高かったので、母が、外の作業をしに出かけていった。

戻ってきて、母は伯母に来年の畑の話をし始め、もう来年はここにはいないと
伯母に言われたが、これまでやってこれているのだから、ここで暮らしていくのが
一番いいと言う。

伯母は、二人だけではやって行けなくなっているでしょうと言うのだが、
母は二人でやってきていると言い張る。

自分の状態さえも認識することが出来なくなっている哀れな母。

 

 

 

 

関連記事

  1. 日ハム25年振りリーグ優勝の日
  2. 蓄音機の日
  3. 日本人の国連難民高等弁務官誕生
  4. 世界トイレの日(World Toilet Day)
  5. アロー号事件
  6. 今日もスポーツはOSAKA
  7. オホーツク流氷観光船おーろら、運航開始
  8. 基礎科学研究状況悪化の報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP