ブログ

囲碁の王座就位式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2020年2月7日、囲碁の「第67期王座戦」を制して、史上最年少2冠となった芝野虎丸王座・名人の王座就位式が、都内のホテルで行われたそうです。

昨年10月に史上初の10代名人となって2カ月後に、達成した快挙であり、しかも、奪ったのは国民栄誉賞棋士の井山裕太王座(四冠)から。

「雲の上の存在だった井山先生に5番勝負で勝てて、大きな自信になった。この先も自分のペースで頑張っていければ」と、謝辞を述べたそうです。

花束贈呈では、上野愛咲美女流2冠(女流本因坊・女流棋聖)が登壇。

1月31日の女流本因坊就位式では芝野二冠が贈呈役を務めたが、今回はもらう立場となったのだそうです。

囲碁は、国際的なゲームとして広まっているため、新型コロナウイルスによる新型肺炎拡大の影響が日本の囲碁会にも出ているきてということのようです。

中国で開催予定の棋戦は3月いっぱい行われないことになり、羽根直樹碁聖らが出場予定の「春蘭杯」第1ラウンド(2月24~26日)、一力遼八段が8強に残る「夢百合杯」最終ラウンド(3月25~30日)も延期となったそうです。

主に中国を舞台に行われている世界のメジャー棋戦は、軒並み延期に追い込まれており、すでに井山裕太棋聖が出場予定だった日中韓の団体勝ち抜き戦「農心杯」、4月の「応氏杯」の延期も決まっているそうです。

今日は午前中、民事訴訟法の勉強をして、北海道行政書士会網走支部の理事会に出席するため、北見に向かって12時に出発。

支部総会の日程も決まったので、それまでは遠軽地区選出の理事の任務を務めることになる。

 

関連記事

  1. キングヘイロー
  2. プロ野球誕生の日
  3. 法政大学記録会
  4. 勤労感謝の日(Labor Thanksgiving Day)
  5. 環境の日,世界環境デー(World Environment Da…
  6. 戦争と武力紛争による環境搾取防止のための国際デー(Interna…
  7. 宮西が新記録
  8. 松島幸太朗選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP