ブログ

地球のCO2濃度が最大規模に上昇との報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2020年1月24日、英気象庁は、代表的な温室効果ガスのCO2の世界の濃度が今年、過去最大の規模で上昇するとの見通しを発表した。

人為的なCO2排出に加え、オーストラリアの大規模森林火災が影響するためとのこと。

発表によれば、米ハワイ州マウナロアで観測されている大気中のCO2濃度は、今年1年の平均が約414.2ppmとなり、前年よりも約2.74ppm上昇する見込みで、同庁は「1958年の観測開始以来、最大規模の上昇になるだろう」と分析したそうです。

少子化対策と同じで、CO2の固定に最も役立つ樹木の栽培は、今初めたとしても、効果が現れるまで時間がかかる。

即効性のある対策がない中で、何もしないということが最も愚かな選択となだろうことについては、グレタさんの主張に賛成できる。

今日も、勉強中心にすることができたが、妹が実家に来て泊まるという連絡が来たので、その準備に少しだけ時間を費やす。

その後、仕事の依頼者が来所して、進捗状況を確認に来たので、説明をした。

遅い夕食を妹と摂り、母と伯母の生活状況の報告を受け、これまで二人でやってきた生活から言えることは伝えた。

 

 

 

 

関連記事

  1. 国会での自民党女性議員のヤジ
  2. デジタル放送の日
  3. 平和の日
  4. はやぶさの日
  5. 「宴のあと」事件判決
  6. 全国大学ラグビー選手権準々決勝
  7. 網走市の市制施行日
  8. 今日の北海道内の最高気温

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP