ブログ

陸上日本選手権最終日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

6月30日、今秋の世界選手権代表選考会を兼ねて陸上の日本選手権の最終日の競技が
福岡・博多の森陸上競技場で行われた。

世界選手権の出場が内定したのは、男子走幅跳の橋岡優輝選手、女子5000mの
木村友香選手、男子110mHの高山峻野選手、男子200mのサニブラウン選手。

男子110mHは、準決勝で日本記録保持者の一人である金井大旺選手がフライングに
より失格となったが、決勝ではもう一人の日本記録保持者の高山峻野と大学生の
泉谷駿介選手が日本タイ記録を出した。

男子200mは、小池祐貴選手がいい走りを見せてくれました。

政治の世界では米国大統領が自分の選挙を有利にするための演出に振り回され
続けている。

5分前の事を覚えられない母に対応するのにとても疲れる。

今日は、昼食の時はすぐに戻ったが、夕食の準備の時は5回呼びに行って、その都度
「何かあるのか」と応えた。

本人に記憶が無いのだから、罪は無いといえるだろうけど、こちらの方が
頭がおかしくなってしまった気分になる。

 

 

 

 

関連記事

  1. 関東大学ラグビー対抗戦 明治対早稲田
  2. 終戦記念日
  3. 南洲忌
  4. World Wide Web
  5. 周期律表発表の日
  6. 消費税率が引き上げ
  7. 国際親善デー
  8. 史上最年少プロ棋士が井山五冠と対局

コメント

    • h.mizoe
    • 2019年 7月 02日

    毎年6月30日は「小惑星の日」。1908年のまさにこの日、シベリアのタイガでツングースカ大爆発が発生し、小惑星による人類史上最大の惨事となった。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP