相続手続き

相続手続きは、専門家にお任せください

相続手続きについて知っていますか?

人が亡くなると、遺言などの意思表示がない場合、亡くなった方の遺産は、法定相続人に当然に相続されます。
しかし、法律上は当然に相続されるとしても、実際に誰に相続されるのかを確定しなければなりません。
また、遺産である銀行預金や不動産の名義変更等の手続も必要となることが多いと思います。

そこで、相続があった場合にどのような手続が必要になるのか、一度専門家にご相談ください。
法定相続人の調査、遺産の調査等について、また、手続の代理等もお任せください。
有料となりますが、ご自宅に訪問し相談を伺うこともできます。

相続人が数人いる場合、相続された遺産は、相続人の共有財産となります。
これを実際に相続人の持分ごとに分与することになりますが、遺産が全て可分なものとは限りませんので、相続人による遺産分割協議が必要になります。

相続人間で話し合いがまとまると、その内容の遺産分割協議書を作成する必要があります。
当方、遺産分割協議書の作成を代理することができます。

 

弁護士と行政書士の違いとは

例えば、弁護士は遺産分割協議に、相続人の代理人として参加することができるので、弁護士に依頼する方が、依頼した相続人にとっては有利な内容の遺産分割協議書を作成できるでしょう。
しかし、他の相続人も自己主張を通すには、それぞれ弁護士に代理を委任することにならざるを得なくなるでしょう。
もともと紛争性が無かった話し合いにあえて争いを持ち込んでしまうことになりかねません。
また、それぞれの相続人の負担する費用が多大になる可能性があります。

この点、行政書士は、遺産分割協議には加われませんが、遺産分割協議書の作成が委任されると、その作成のため、紛争とならないように助言し、調整し、公平感をもった合意ができる相続人による話し合いの場を設定することができます。

相続について分からないことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せは、フリーダイヤル0800-800-8423または、お問合せフォームからお待ちしています。

 

PAGE TOP