相続遺言書について

相続遺言書について

行政書士にできる相続手続き

相続は突然起こるもの。その時になって慌てるのは当然です。
葬儀やお墓にまとまったお金が必要になりますが、亡くなった方の銀行口座は凍結され、名義変更するまではお金が引き出せません。
名義変更に必要な書類には、亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの戸籍等、取寄せるのが難しいものが多いのです。
行政書士は、職務上、ご依頼者のために必要な戸籍や住民票を取り寄せることができます。
銀行の名義変更や、不動産の名義変更についても、窓口となって行うことができますので、安心してすべてをご依頼ください。
期限を過ぎると手続きできないものもありますので、お早目にご相談いただくことをお勧めします。

遺言書で安心を手に入れましょう

遺言書は、もう特別なものではありません。
相続財産が家一軒のために揉めるケースも少なくないのです。
まずは相続人が誰なのかを明確にすることで、起こりそうな揉め事を予想しておくこといいでしょう。
その上で、その揉め事を避けるための遺言書を書いて置くと、家族もご自身も安心です。
元気な今こそ、遺言書を書くチャンスです。
一度ご相談ください。

PAGE TOP